So-net無料ブログ作成
検索選択

みえないひと [雑記]

今回はちょっと個人(?)に連絡です。
ブログで個人に呼びかけるのもどうかなー?
というのは正直なところありますが、ここで呼びかける以上の方法が思い浮かばなかったので仕方ないのです。

さて、
突然ですが皆さん霊感ってありますか?
自分はありません。

ただ、まったく無いわけでもないかもしれないです。

そのむかし、金縛りにあったことがありまして、
確かにおなかの上に誰かが乗っているのは感じるのですが、どんなに目を凝らしても何も見えなかった。
くらいには感じる力があるようです。


で、このところ自分の部屋に女の人が同居しているかもしれないのです。
CDをかけていると曲に合わせてハミングが聴こえたり、ラジオを聴いているときにパーソナリティーのハナシに合わせて笑い声が聞こえたりすることがちょこちょことあります。

ただ、全然怖くないのですよね。
「あー、いるのかな?」
ってくらいの感情なのです。
むしろ、いることに気づいたそぶりとかしたら気をつかわせちゃうのかなぁー。
なんて考えてしまって「気づいてるけど別にいいよ。」ってことでこの記事を更新しているわけです。
実害がない範囲なら(←強調)好きに生活してください。

ひょっとすると座敷童子さんとかかもしれないし。

以上、呼びかけは終了です。


で、ここから先はちょっとした疑問なのですが
幽霊って本当に怖いの?って思うところがあるのです。
勿論、夜中に墓場で肝試しとかは怖いわけですが、それって

夜中にどかどか人の家に入っていって「うわー!こわーい!!」とか騒がれたら人間だって怒るだろ!

ってことだと思うのです。


怒らせればそれは怖いさ、幽霊でも人間でも同じ。




あと、ついでなのでもう一点疑問を。
ひょっとして知っている人がいたら教えてください。

幽霊に寿命ってあるの?


は?って思った人もいるかもしれませんが、これは素朴にまじめな疑問なのです。
「戦国時代の武士の霊」はテレビ等々よく聞くのですが
縄文時代とか弥生時代の霊って聞いた事がないのです。

「怨念が」云々は戦国時代特有のものでもないと思うのですが・・・
ってことで考えると「寿命があるのかなぁ?」と。


なんだかずいぶんと季節はずれな記事になりましたね。
まあほら、現在進行形の出来事なのだからしかたないのです。



呼びかける相手が「居候しているかもしれない幽霊さん」というのが自分ではちょっとおもろいです。
幽霊って決めつけていますが精霊みたいなものかもしれないですし、
すべてが気のせいかもしれません。
そんな「ひとり相撲かもしれない。」状況も自分ではちょっとおもろいです。



ではでは。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。